読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS でJumbo Frameの設定方法

iSCSI などを使うときはJumbo Frame化することでパフォーマンスアップが期待できる。
ただし、サーバー、クライアント、経由するSwitchやルータすべてが Jumbo Frame に対応していなければパケットは破棄されて到達できない。

一時的な設定変更であれば、以下のコマンドでその場で変更可能。

# ifconfig eth0 mtu 9000
# ifconfig eth0
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:12:3F:3F:08:75
          inet addr:10.0.7.199  Bcast:10.0.255.255  Mask:255.255.0.0
          inet6 addr: fe80::212:3fff:fe3f:875/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:9000  Metric:1
          RX packets:28486 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:4422 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:100
          RX bytes:3559603 (3.3 MiB)  TX bytes:605534 (591.3 KiB)
          Base address:0xdcc0 Memory:dfee0000-dff00000

上記のようにすると再起動すると設定が消えてしまうので、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 などに以下を追加すれば設定は継続される。

MTU=9000

以下を実行すれば反映される。

# service network restart

以下のコマンドで確認。

# ifconfig eth0
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:12:3F:3F:08:75
          inet addr:10.0.7.199  Bcast:10.0.255.255  Mask:255.255.0.0
          inet6 addr: fe80::212:3fff:fe3f:875/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:9000  Metric:1
          RX packets:28229 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:4355 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:100
          RX bytes:3528869 (3.3 MiB)  TX bytes:595346 (581.3 KiB)
          Base address:0xdcc0 Memory:dfee0000-dff00000