読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Redhat系とDebian系の Apacheの設定方法のメモ

Ubuntu

Ubuntu というかDebian系では、Apacheモジュールの設定方法がRedhat系と若干ことなるのでメモ。

/etc/apache2/mods-available 利用可能な(有効になっていない)モジュールの設定ファイルが入っている
/etc/apache2/mods-enabled 有効化されたモジュールの設定ファイルのシンボリックリンクが入っている
/etc/apache2/sites-available 利用可能な(有効になっていない)VirtualHostの設定ファイルが入っている
/etc/apache2/sites-enabled 有効化されたVirtualHostの設定ファイルのシンボリックリンクが入っている

つまり有効化したいときには、そのシンボリックリンクを ***-enabled の中に作成し、不要になったら、そのシンボリックリンクを削除する。
なかなかよくできた方法。

モジュール有効化 / 無効化

$ sudo a2enmod モジュール名
$ sudo a2dismod モジュール名

サイト(VirtualHost)有効化 / 無効化

$ sudo a2ensite サイト名
$ sudo a2dissite サイト名

/etc/httpd/conf/httpd.conf の中に、

#
# Load config files from the config directory "/etc/httpd/conf.d".
#
Include conf.d/*.conf

のように記述されており、
/etc/httpd/conf.d/<モジュール名>.conf
のような形で、設定ファイルを置くことで、各モジュールが有効になる。

php.conf  proxy_ajp.conf  README  ssl.conf  welcome.conf