読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS5.1 用のApache1.3のRPM作成

checkinstall というプログラムを使えば、ソースファイルから任意のプラットフォーム向けのRPMdebファイルを作成するできるらしい。実に胡散臭い。でも試してみたのでそのときのメモ。

  • 準備

checkinstallRPMを rpmfind.net などから探してインストール。

# wget ftp://rpmfind.net/linux/dag/redhat/el5/en/i386/dag/RPMS/checkinstall-1.6.0-3.el5.rf.i386.rpm
# rpm -ivh checkinstall-1.6.0-3.el5.rf.i386.rpm
  • apache1.3 のソースの用意
# wget http://download.nextag.com/apache/httpd/apache_1.3.41.tar.gz
  • apache1.3 のコンフィグ とRPMの作成

./configureする際に、Apache2.2とバッティングしないように、--prefix=/opt を指定してみた。失敗したら、/opt 以下を削除すればきれいにアンインストールできるのでお勧め。

# tar zxvf apache_1.3.41.tar.gz
# cd apache_1.3.41
# ./configure --prefix=/opt  <---ここで任意のコンパイルオプションを指定。
# checkinstall
(この後、いくつかRPM作成のための質問がでてくるので適当に答えるだけ。)

これで、/usr/src/redhat/RPMS/i386/ 以下に apache_1.3.41-20080421-1.i386.rpm というファイルが作成される。

  • インストールして見た
# cd /usr/src/redhat/RPMS/i386/
# rpm -ivh apache_1.3.41-20080421-1.i386.rpm
# ls /opt
bin  cgi-bin  conf  htdocs  icons  include  man

けしからん。実に簡単でわかりやすい。