読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linuxのログイン認証をOpenLDAPにする

CentOS4.5 + OpenLDAP2.2.13 での設定メモ。

  • インストール
# yum -y install openldap-clients openldap-servers
  • slapdの設定

/etc/openldap/slapd.conf を編集する。

#suffix         "dc=my-domain,dc=com"
suffix          "dc=rukatan,dc=com"
#rootdn         "cn=Manager,dc=my-domain,dc=com"
rootdn          "cn=root,dc=rukatan,dc=com"

rootpw の値は、以下の方法で作成する。

# slappasswd -h {MD5}
New password: 
Re-enter new password:
{MD5} ***************************

この値を /etc/openldap/slapd.conf のrootpwに設定する。

rootpw {MD5}*****************************

パスワードのアクセス権を設定する。

access to attrs=userPassword                    <- パスワードのアクセス
      by self write                             <- 自分自身は変更可
      by dn="cn=root,dc=rukatan,dc=com" write   <- rootは書き込み可
      by anonymous auth                         <- 認証が必要
      by * none                                 <- アクセス不可

access to *                                     <- その他のattrのアクセス
      by dn="cn=root,dc=rukatan,dc=com" write   <- rootは書き込み可
      by self write                             <- 自分自身は変更可
      by * read                                 <- 読み込みは可
  • 基本データベースの作成

base.ldif という名前で以下のとおりファイルを作成する。

dn: dc=rukatan,dc=com
objectClass: dcObject
objectClass: organization
o: developper
dc: rukatan

dn: cn=root,dc=rukatan,dc=com
objectClass: organizationalRole
cn: root

dn: ou=People,dc=rukatan,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: People

dn: ou=Group,dc=rukatan,dc=com
objectClass: organizationalUnit
ou: Group
# ldapadd -h localhost -x -D "cn=root,dc=rukatan,dc=com" -W -f base.ldif
  • ユーザの追加

inahou というユーザを追加します。
user.ldif を下記のように作成します。

dn: uid=inahou,ou=People,dc=rukatan,dc=com
uid: inahou
cn: inahou
objectClass: account
objectClass: posixAccount
objectClass: top
objectClass: shadowAccount
userPassword: {CRYPT}*****************
shadowLastChange: 1
shadowMax: 99999
shadowWarning: 7
loginShell: /bin/bash
uidNumber: 500
gidNumber: 500
homeDirectory: /home/inahou

userPassword の値は、

slappasswd -h {crypt}

の出力結果を使います。

以下のコマンドで追加できます。

# ldapadd -h localhost -x -D "cn=root,dc=rukatan,dc=com" -W -f user.ldif

同様にグループも追加します。group.ldif のような適当な名前で下記のようなファイルを作成します。

dn: cn=inahou,ou=Group,dc=rukatan,dc=com
objectClass: posixGroup
objectClass: top
cn: inahou
gidNumber: 500

以下のコマンドで追加できます。

# ldapadd -h localhost -x -D "cn=root,dc=rukatan,dc=com" -W -f group.ldif
  • Linuxのログイン認証でLDAPを有効にする

authconfig または、system-config-authentication を実行します。コマンドが無い場合には、以下のように追加します。

# yum -y install authconfig-gtk

または、

# authconfig-tui

User Information の 「Use LDAP」 と Authentication の 「Use LDAP Authentication」にチェックを入れる。



Serverは、

ldap://IPアドレス/

Base DNは、

ou=People,dc=rukatan,dc=com


とりあえずログアウトして、inahou でログインできることを確認したらOK。

  • memo
dn: Distinguished name
dc: Domain Component
cn: common name

参考文献: 毎日コミュニケーションズ CentOS サーバ構築バイブル