読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS4.4へのインストールメモ

drbd セットアップ
CentOS4.4にインストールしたときのメモ。

  • インストール方法
yum -y install drbd
yum -y install kernel-module-drbd

設定ファイル /etc/drbd.conf を /usr/share/doc/drbd-0.7.23/drbd.conf を参考にして編集する。
こんな感じ。

resource drbd0 {
  protocol C;
  startup {
    degr-wfc-timeout 120;    # 2 minutes.
  disk {
    on-io-error   detach;
  }
  net {
  }
  syncer {
    rate 10M;
    group 1;
    al-extents 257;
  }
  on drbd0.rukatan.com {
    device     /dev/drbd0;
    disk       /dev/sdb1;
    address    10.0.7.100:7788;
    meta-disk  internal;
  }

  on drbd1.rukatan.com {
    device    /dev/drbd0;
    disk      /dev/sdb1;
    address    10.0.7.101:7788;
    meta-disk internal;
  }
}

出来上がったらもう一台(drbd1.rukatan.com)の方にもにコピーしておく。

以下でデバイスファイルを作成しておく。もう一台の方でもやっておく。

for i in `seq 0 15` ; do mknod /dev/drbd$i b 147 $i; done

以下を実行。

service drbd start
drbdsetup /dev/drbd0 primary

ここでエラーが出ると思うので、さらに以下を実行。

drbdadm -- --do-what-I-say primary all

エラーが出なければ、syncが始まる。以下で確認。

cat /proc/drbd

syncが終わったら、以下を実行。

mkfs.ext3 /dev/drbd0
  • テスト

primary側で以下を実行。

mount /dev/drbd0 /drbd
(testができているのを確認。)
touch /drbd/test
umount /dev/drbd0
drbdsetup /dev/drbd0 secondary
(もう一台の方でmountできるようにsecondaryにする。)

もう一台の方でで以下を実行。

drbdsetup /dev/drbd0 primaly
(primaryにする。)
mount /dev/drbd0 /drbd
ls /drbd
(testができているのを確認。)